ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ウルトラマンマックス 4話「無限の侵略者」
2005年08月04日 (木) 11:01 * 編集
おおおー!!バルタンですね!
エレキングと違って異星人は一応別ものですが、逆にそれ以外の部分は全くといっていいほどバルタン星人エピソード。
ドームが宇宙船になっちゃう所なんて、懐かしいと共にちょっと楽しい気持ちになったり(^^)v
違いといえば、バルタンが「地球人には理解不能な観念の持ち主」だったのに対して、割と分かりやすい侵略者というあたりでしょうか。

同じようなリメイク編ですが、2話より随分面白く感じたのは、私が実は村石監督の演出が好みだからなのかも。
絵空事と不気味さが同居したレトロな雰囲気を、オーソドックスな中にメリハリのある絵作りで見せる。
特にここがこう!というわけではないけれど、空気感・スピード感がいいというか。

宇宙船の巨大感(マザーの砲撃で落ちるシーンとか)やダッシュαが飛行形態になって墜落を回避する所なんか、ワクワクしながら見てしまいました。
2話を受けてと思われる「寝起き隊員ややバージョンアップ」とか、「トラブル発生率99.95%」とか、キャラを立てるシーンの微妙な味付けも上手いv
なるほど、細かい齟齬はあっても、こういう作りならば味わい深く楽しめます。

高速宇宙人というだけあって、怪獣の時の"重量感のない動き"と違って速いアクションが違和感ないのもいい。
最後にマックスがどうやってスラン星人の実体を見切ったのかがよく分からなかったのが今ひとつでしたが(^^;
"正統派巨大ヒーローバトルもの"としてかなり楽しめる回でした。

さて、次回は「怪獣盛り沢山」の回の模様。
ピグモンに対するエリーの反応がちょっと楽しみ(笑)
スポンサーサイト

■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
ミズキ・黒タンク、フォーー!!アーザーッス!!な第4回 ウルトラマンマックス。
2005/08/04(木) 18:03:13 * nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
ウルトラマンマックス 第4話「無限の侵略者」。初の宇宙人編。以下ネタバレあり。
2005/08/04(木) 18:56:40 * Kyan's BLOG II
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。