ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 音劇盤観賞中
2005年06月21日 (火) 12:47 * 編集
劇場版プレス発表エキストラオーディション鈴鹿8耐と、放送お休みの週ですが話題満載の響鬼。
オーディション参加の皆様、合格不合格はともあれお疲れ様でしたv
いろんなBlog様のルポ、楽しませていただいております。

で、ド田舎在住主婦としては生イベントにはご縁がなさそうなので(^^;とりあえずやや遅ればせながら
「仮面ライダー響鬼 音劇盤」
只今鑑賞中です。

や、いいですね!!期待以上です♪
パーカッショニストの端くれとしても、打楽器の音世界の深さに改めて感嘆しております。

所々管弦楽器やシンセ、歌なども入ってはいますが、全般に渡ってベースは"生の打楽器"
一般的な西洋楽器群の中に和太鼓や鉦などの音を織り込んで、日本的でありながらモダンでアグレッシヴな要素も垣間見える、多彩なアレンジです。
ブックレットの佐橋俊彦さんの言葉にある通り「かなり実験的・挑戦的」な試み、そしてそれがかなり成功している!と感じます。
打楽器アンサンブルにこれだけの深みと清新さをもたらしているのは、恐らくその佐橋さんの音楽センスの豊かさと飽くなきチャレンジ精神の賜物かと。

また、打楽器の生音(太鼓系・金属楽器系)は他の楽器に比べて倍音をきちんと捉えなくてはならず、録音技術にも細心の注意が必要と聞き及んでいます。
オーディオ的にもかなりのレベルのものなのではないでしょうか。

惜しむらくはプレイヤーのお名前が一切表記されていない事。
こういうキャラクター物のサントラでは普通の事なのかもしれませんが・・・
これだけの労作、是非演者の情報も知りたい所です。

物語も進んで、ここに未収録の楽曲も既に多々あります。
(音撃の音が入ってない!DAの鳴き声の次はこれしかないでしょう)
二之巻・三之巻のリリースに期待大。

ところで、ボーナストラックの「あれ」。
「作詞:八手三郎」とは。
( ̄ー ̄)

スポンサーサイト

■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。