ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 響鬼あれこれ・その2
2005年04月13日 (水) 13:16 * 編集
TBを送らせていただいたり送っていただいたり、お陰さまで沢山の方の感想を読ませていただいております(ほんとに毎週感想上げてるBlogが多い!)
細部に対する考察を熱心にされている方も多くて、なるほどーと感心しきり。
私はこれ以上長くするとダレダレになりそうなので(^^;いつもは端折っている(あれでもか!)のですが、いろいろ読んでみて今日は少し細部について考えてみようかと。

1.少年はヘタレなのか?
いやまあヘタレなんですが(^^;;
あまりにも皆様手厳しい・・・いやほんとしょうがないんですけども(笑)
私も時々ヘタレ描写が過剰になると、「このままノリでエスカレートしたらやだなぁ・・・」と思うことはありますが、基本的にはそんな明日夢君が好きです。
自分のことにいっぱいいっぱいで、「持田一人で行けばいいよ」なんて言っちゃう所なんかリアル過ぎ!(モッチーかわいそうには激しく同意ですけど)
あの位の男の子って、ほんとあんな感じじゃないですか?まあそれにイライラするっていうのも当然なんですけどね。
進んだり下がったりしながらでも、ほんの1ミリずつでも進歩して欲しいとは思いますけど。やはり母視点(笑)
まだまだ温かく見守っていこうかと。

2.謎の人物
彼(公式サイトの記述によると"男"らしい)は何者なのか。
摩訶魍達の眷属なのか、それとも人間なのか。その目的は?
まだ登場したばかりで謎だらけなのは仕方ない。これからどういう姿を見せるのか。
彼が持っていた杖状のものに、気温や湿度を量るメーターのようなものが幾つか付いていました。
といえば、日菜佳嬢が摩訶魍の発生条件としてあげていたデータ類と符合する。
猛士側のデータにないはずの条件下で発生する摩訶魍・・・あの杖が何らかの変化を環境に及ぼしているとも考えられる?

それと、あの妖しげなスタイルと童子&姫の強化を見て「グロンギ」を思い出したクウガ以来の平成ライダー視聴者様多数。
ありましたねえ、ズとかメとか。グロンギ語解読がネット上で盛んに行われてたりしました。
謎の提示の仕方なんかもイメージが被るところがあるのかも。

3.音楽
OP・EDのみならず、効果音的なものも含めてかなりの力の入れ様。
生の楽器をふんだんに使い、それぞれのシーン・テーマ・キャラクターにそった音の使い分けが徹底しています。
響鬼の"太鼓"や威吹鬼の"トランペット"は勿論ですが(どちらも著名な奏者の手になるもの)、私的には特にマリンバ(明日夢のシーンで多用)の使い方が印象的。
和やかな感じからそこはかとなく不安な心情描写まで、イメージの広がる音風景を作り出しています。
今まで見てきただけでもかなりのバリエーションがありますが、「宇宙船」誌によればプロのマリンバ奏者の方が初見一発で演奏されるのだとか(!)
サントラの発売は6月15日予定とのこと。豪勢なものになりそうで楽しみです。

4.バイクについて
ヒビキさんが竜巻を壊した事について。
「きちんと謝る場面を入れないのはよくないのではないか」というご意見が幾つか見られました。
で、あのシーンでちゃんと謝る場面を入れたらどうか・・・と考えてみたのですが、どうもあそこはそういうシーンではない感じ。
失敗してしまって気まずいヒビキさんと、イブキ君のバイク愛ゆえの悲嘆をそのまま見せて、素の2人を出すという場面なのだと思います。
あそこで真面目に謝るヒビキさんを見せるのはちょっと違うのかな、と(その前に「ごめん」と言ってはいるので、余計に)

確かにちゃんと謝るべきというのは正論ですし、「ドンマイドンマイ」のセリフはちょっとヒビキさんをダメ男に描き過ぎて(ここでも少々過剰描写?)引っかかる所ではありますが、「大人」であることが「全て正しい」とうわけでもないのでは。
ダメなんだけれど、どこか「しょうがない奴」と許せてしまう感じなんだろうなと。そういう意味の描写として、大筋間違ってはいないかと思うのですが。

あ、それと、「バイクのカタログを見ていたのは何故か」。
あの鼻歌加減(笑)と「弁償するなら、全く違うカテゴリのマシンだからダメ(ダンナ@バイク乗り談)」ということで
「自分で乗る気満々(ただし周りにいろいろ言われるのでナイショ)」
という解釈でFA?
さて、果たして最終回までにマイマシンに乗ることがあるのか!?
これまた「悪い事言わないから止めときなさい。」という突っ込み多数ですが(笑)
スポンサーサイト

■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。