ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ウルトラマンネクサス eps26「憐-ザ・サード-」
2005年04月04日 (月) 00:01 * 編集
OP/EDが曲・映像とも変わって、新展開。
3番目のデュナミストと青いネクサスの物語の始まりです。

新OP、市街セットでアクションするウルトラマンにクギ付けです!
うわーすごい作りこんでる~久々だから燃える~~
これは、これから市街戦も出てくるということなんでしょうかね?
そういえば、ネクサスは俯瞰や真上からのアングルが結構多いような。そしてすげーそれがかっこいいような。
青いネクサスは動きも軽やかな感じ。デュナミストの性質を反映してるのか?

本編は、ああ、太田愛さんの本だなぁ。と。
郷愁を誘う空気、やわらかくあたたかいものの陰にある悲しみ、苦さ。
それでも生きて行こう、という強さ。
思えば、ティガの「オビコ」、ダイナの「少年宇宙人」「ぼくたちの地球が見たい」、コスモスの「時の娘」と、平成ウルトラで私が心惹かれた大田脚本のエピソード達。
それらと同じものが、ここにもあります。

屈託のないごく普通の少年に見える憐。
その陰には様々なものを隠している。
けれど、真っ直ぐに澄んだその眼差し。
憐役の山内君は、決して演技が上手いという訳ではないですが(失礼(^^;)ピュアな雰囲気がとてもいい感じです。
MPの女の子との関係もなにやらいろいろ展開しそうな。

ビーストの出現とMPの暗躍を「都市伝説」という形で人の口に上らせる、というのはなかなか面白い。
MPの仕事は映画とのリンクにも関わっていそうな感じなので、その辺も上手く絡んだ展開を期待したい所です。

表向き姫矢編とはがらりと変わった感じではありますが、意外に根底に流れるものは変わっていないような気がします(ってシリーズ構成が長谷川さんで一貫してるんだから当たり前か)
次回は早くもNR=孤門君との接触が!
姫矢との関わりの中で変化してきた彼が、新しいウルトラマンをどんな風に捉えるのか。大田脚本好きとしても楽しみです。

・・・て次回は1週お休み?!うう、盛り上がってるこの気持ちをどうすれば~~~(T.T)
スポンサーサイト

■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
ウルトラマンネクサス 第25話「憐―ザ・サード―」。新章始動。以下ネタバレあり。
2005/04/05(火) 14:06:54 * Kyan's BLOG II
ウルトラマンネクサスが新しくなるらしい 変身する人も代わるらしい 前のウルトラマ
2005/04/08(金) 00:47:44 * 何でも語るページ
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。