ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ご無沙汰してます
2006年06月02日 (金) 16:12 * 編集
すっかり更新が止まってしまいましたm(_ _)mm(_ _)m
今年から始まった各作品、可能な限り視聴しております。

再開に当たり、ざっと今までの所の感想など。

・ウルトラマンメビウス
期待と不安半々で見始めましたが・・・
面白い!!!
勿論私がウルトラ派ということもありますが(笑)
初代から見ている世代ではありますが、実はメビウスの肝である
「昭和ウルトラ(所謂2期ウルトラ中心)へのトリビュート」
という部分は、個人的にはあまり関心がないんです。
でも、そういう部分も含みつつ新しいウルトラマン像を模索している感じと、チームGUYSのスタンスや謎解きで引っ張る部分など、かなり楽しませていただいてます。
過去怪獣も、記憶から落ちているものが多いので細部の変更は気にならず、大胆な意匠やギミックなど新鮮な気持ちで見ていますv
謎解き部分が腰砕けに終わらない事が、とりあえず今の希望。
ポイントとしてはサコミズ隊長の超・したたかな中間管理職ぶりでしょうか(笑)
惜しむらくは、ウルトラマン40周年という記念の年であるにも関わらず、ネット局が今ひとつ少ない所・・・
これからでも、1ヶ所でも多くの地域で視聴できるようになって欲しいところです。

・轟々戦隊ボウケンジャー
こちらも節目、スーパー戦隊30作目という事で、やや復古調ながらダイナミックな設定・キャラ造形で、こちらもなかなか新鮮。
いきなり地面掘っちゃうところがイカス(笑)
そういえばこちらも謎解き要素(イエローの過去)がメイン部分にありますね。
各話のバラエティの質を保ちつつ、上手く盛り上げていって欲しい所です。

・仮面ライダーカブト
平成ライダー集大成という印象ですが、マンネリということではなく、各作品の要素を上手く組み立てて、こなれた物語にしているかと。
何より天道役の水嶋ヒロ君が、天下無敵の俺様キャラに嵌まっている!!
傲慢でありながら、実はかなり筋が通った男っぷり。そんな役どころを嫌味なく演じていて、個人的には彼の魅力で相当部分占めている感じです。
ZECTという組織の描写には違和感を感じる所もありますが、適度に現実離れした展開の中ではそれほど大きく気になりません。
こちらはあまり謎解きに期待しないほうがいいだろうか、と思ってしまうのは、過去のあれやこれやのせいかもしれません(^^;;

・生物彗星WoO
この春からNHKハイビジョンが視聴可能になり、初回から見ています。
特撮というか、SFジュブナイルと言ったほうがよさそうです。
少女とWoOとの交感、逃避行の中での様々な出会いと別れ、異生物への排斥感情、などなど、所謂ヒーロー物においてはサブテーマとなるものを前面に押し出しているといったところでしょうか。
WoOの巨人体「アイ吉」のコミカルな戦闘シーンは微妙な時もありますが(^^;;
孤独な悲しみの中にも暖かくほのぼのとした交流が描かれ、
アイとWoOの旅が辿り付く先を見守って行きたい、と思わせる物語です。

その他、GARO<我狼>(ファミリー劇場)や魔弾戦記リュウケンドー超星艦隊セイザーXと、特撮作品はかなり幅広く見られる環境なのですが、いかんせん全てを視聴する時間がない(^^;
このあたりに関しては、気になったところをたまにレビューするかもしれません。
スポンサーサイト

■ Comment
・承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/29(木) 09:14:10 * * #[編集]
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。