ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 仮面ライダー響鬼 最終之巻「明日なる夢」
2006年01月26日 (木) 13:32 * 編集
作り手側の皆様とにかく1年お疲れ様でした。
何はともあれ、「仮面ライダー」の世界に新しい可能性をもたらした作品ではあったと思います。
とりあえず、思うことなどをつらつらと。

ここまでの展開から「こうなるんだろうな」と想像していたものから大きく外れた最終回ではありませんでした。
強引ではありましたが、なんとか軟着陸(^^;というのが私の印象です。
オロチは危なくも何とか沈め、また「摩訶魍と鬼が人知れず戦う日常」が戻ってくる、という展開は、この世界観に最も合っている幕切れであったかと。
洋館の男女もまた、くり返される怪異の一端であり、途切れることなく続いているものであるというのも、個人的には悪くなかったと思います。
細かい齟齬は山ほど(笑)ありますが、大筋はこれでよかったと。
個人的にはイブキが後半トホホなまま終わった事が非常に悔やまれますが・・・(渋江君には今後がんばってほしいです)

一番感じた問題点は、先回のエントリでも書いた「2人の少年の描き方」が最後まで納得行くものでなかった事。
明日夢に関しても特に30話以降ということではなく、成長の過程がドラマとして見えて来なかったことに初期から大きく不満があります。
医者志望という選択そのものはいいのですが(私はどちらかというと"鬼にはならない"派なので)そこへ辿り付く描写にまるで感情移入できない。
それは桐矢の"最速鬼化"についでも同様です。

漏れ聞こえた途中のゴタゴタは、理由になると思いません。
人物像をはっきりさせていれば、だらだらと描写しなくていいところは自ずと切り取られ、もっと有効なエピソードに持っていけるだろうと感じるからです。
明日夢のライバルはあきらでよかったはずだし(あっという間に明日夢全肯定になってしまったのはダメだったと今でも思う)、桐矢を配するにしても無意味な"ダメ男"描写は要らなかった。

物語の根幹であるはずの「少年の成長譚」が、
"よく分からないけど、とにかくがんばったので成長しました"
という風にしか見えないのです。
細かい設定矛盾や飛躍があっても、そこがはっきりとしていれば「ああ、いいお話だった」と言えたと思うのですが・・・

最後のシーンは、シチュエーションにかなり無理がありましたが(笑)そこで物語が収まったという感じはしました。
全体を通して役者さん達は概ね好演、魅力的なキャラクターを作り上げていたと思います。
皆さんがこれから活躍される事を心から願い、また期待しています。

さて、来週からは新しいライダー。
またくっきりと色を変えて(笑)どういう風になっていくのか。
とりあえずはお手並み拝見、ですね。

スポンサーサイト

■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
☆響鬼本、どう悪本のお知らせ☆お問い合わせが多かったので、ご予約&お振込の締め切りを1月31日(火)まで延長しました。急いで振り込んで頂いた方スイマセン…まだこちらから購入できます☆響鬼、とうとう終わってしまいましたね…続けて見ていたドラマが...
2006/01/26(木) 16:07:16 * ポニテル
仮面ライダー響鬼 最終之巻「明日なる夢」。一年後,続く日常,明日への夢。以下ネタバレあり。
2006/01/26(木) 17:21:20 * Kyan's BLOG II
***お世話になります。最終之巻へのTBをさせて頂きます*** …長い、とても長い道のりでした。一年間という放映期間自体もさることながら、その途中で不幸にして起こってしまった路線変更と、その後の辛い日々を思い返すと、今でも胸が苦しくなります。でも、何一つ
2006/01/26(木) 18:32:30 * Old Dancer's BLOG
「出会ったころからずっと、明日夢は自慢の弟子だったよ。俺について来い!これからは俺のそばで、自分らしく生きてみなよ。よろしくな!〆(゚▽゚ )シュッ!!」
アレから1年経過した訳ですね・・・そんなに経ちましたかねぇ・・・今になって、色々思い出されてこそばゆかったりとかしてますわ。楽人くんに本格的に殺られたのは「四之巻」でだったので、そういう意味では、まだ1年は経ってないか。そんなのはどうでもいいか。...
最終回の感想を書くにあたって、まずは、一人の細川茂樹ファンとして。細川氏はじめ出演者の皆さん、スタッフや関係者の方々、本当にお疲れ様でした。細川氏に対しては、どこかで聞いたようなセリフ&ちょっと偉そうに言うならば、「頑張りやだな、茂樹はいつも」「茂樹、よ
2006/01/27(金) 12:46:47 * 日曜8時の男に逢いたくて
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー響鬼』最終(四十八)之巻、「明日なる夢」の感想です!御大の辞書に“逆算”という文字はない(半笑)。なので、ワシの辞書を差し上げます(嘘)。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。