ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 仮面ライダー響鬼 三十一之巻「超える父」
2005年09月13日 (火) 13:01 * 編集
新スタッフとなって2週目。
思ったよりは変わっていない、というのが第一印象です(変わってないわけではないですが)

以下つらつらと。

まず物語を転がす方向に行っているのは何より。
前の雰囲気を愛しつつも、また自己完結な方向(@クウガ)へ行ってしまうのかと気を揉んでいた身としてはそこは素直に嬉しいです。
アクションは"普通"になってしまった感があり。
その辺はアクション監督次第という部分もあるので、次回以降見守りたい所です。

その他既存キャラの言動に違和感を感じる所はやはりありますが、今回は
郁子母さんの背中で全て許せそうな私(笑)
後ろ向きにメモを手渡す姿、タクシーの中の会話、どれもジーンと来ました。
それに応える栩原君の演技も相変わらずいい味出してます。
そんな母に見守られて育ってきた明日夢なんだなぁ、と。

父を追って様々な顔を知り、そんな事をしたってどうなるわけでもなくても(後の沈んだ表情がその気持ちを物語っている)父が作りかけた犬小屋を完成させてみたりする。
かっこ悪くてもなんでも、そうでもせずにはいられない、そんな複雑な気持ち。
2人とも、多くを語らずとも表情が様々な思いを物語っている。

で、今回見ていて何が気になったって・・・
「消防士なんていう現場で汗まみれになってた父の面影を追う割に、その金満お坊ちゃんぶりは何だ」
って所(^^;;
・・・どうも、こういう「バックグラウンドや感情の流れを無視してケレンに走る」というやり方が、好きになれないんですよね。
確かにインパクトはあるけど、血肉が通ってるように見えない。

別に嫌な奴でいいんですよ。確かに物語をかき回す効果は上げてるし。
でも、それだけになっちゃう。「嫌な奴だけど実は色々ある」というのが、全然響いてこない。
演技力とかはともかく、人物像に説得力があればこういう風には感じないと思うんですが。
なので「将来ヒビキさんクラスのいい男になる」という見解には思いっきり×です郁子さん(笑)

今回の交代劇について、言われていることからあれこれ憶測する事は出来ますが、現場を見ていない一視聴者にとってはやはり「憶測」でしかありません。
物語の責任を誰に問えるかといっても、それも難しい話。
最小限、
「一人の少年が、ヒーローを通して成長していく」
という本筋が通されていれば、きっと私は見続けると思います。
スポンサーサイト

■ Comment
・はじめまして
TBさせていただきました。

「一人の少年が、ヒーローを通して成長していく」
まさに、この物語の根幹ですよね。
表面的な部分が変わっても、この大事な部分を
描いてくれれば私も見続けたいと思ってます。
2005/09/13(火) 14:56:08 * URL * ぷうま #9BPdTliE[編集]
・初めまして!
>ぷうまさん
TBとコメント、ありがとうございますm(_ _)m
テイストが大きく変わってしまって不安もありますが、細川氏や栩原君など役者さんに恵まれた番組でもあり、まだまだ魅力的なものを見られると期待しています。
変化がよい効果を生んでくれることを願いつつ・・・
2005/09/13(火) 15:44:47 * URL * 仁里 #wRDQYeRs[編集]
・やっぱり、彼が…
今回は、明日夢と郁子ママのパートが光ってましたね~。
父親のすぐ後を追って、やっと見つけても、会うことが出来くて…、っていう明日夢の演技、やっぱりうまいなぁと。ホント凄いですわ彼は。

でも、やはり桐矢については、浮いているといわざるを得ないですね。
目的先行のキャラといいますか…、引っ掻き回し専門って感じで^^;
用済みになったときがかなり不安です。

響鬼の本筋については、まさにその通りですね。
まぁ、いくら作風は変わってもそこだけははずさないでしょう、新スタッフでもw

ではでは~。
2005/09/17(土) 01:48:30 * URL * gundoll #JalddpaA[編集]
・お久しぶりでした。
仁里さん、お久しぶりです。
7月からいろいろと忙しくしておりまして、日記は放置状態でした。特撮は一応ビデオに撮ってるので、見てはいましたが・・・
でも、スタッフ交代と言うちょっとした事件などもあったのですね。
どうも私も、あの転校生は好きになれません。
好き嫌いという次元ではないですが、何となく、話にハマってないですね。何をしたいのかもわからないし・・・
でも、やっぱり相変わらず面白いから、
私は最後まで見続けるでしょう(笑)
仁里さんもお忙しかったのですね。
また突っ込みタップリのレビュー、楽しみにしてますよ~(*^^*)♪
2005/09/19(月) 00:59:07 * URL * ぽろぽろ #D98iByG.[編集]
・遅くなりましたm(_ _)m
レス遅くなってすみませんです。

>gundollさん
桐矢君、思わせぶりに出ておいて最終的にはヘタレ化か、それとも訳もなく強敵になったりするのか。
井上キャラは先が読めません(笑)

>ぽろぽろさん
そう、ただかき回すだけだと違和感ばかりが目立ってしまうんですよね。
上手く使ってあげればいいキャラになるような気がするんですけど。
2005/09/24(土) 09:51:40 * URL * 仁里 #wRDQYeRs[編集]
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
仮面ライダー響鬼 三十一之巻「超える父」。井上敏樹サマはこんなお話も書けるのねな一本。悪くない。でも,らしくもないかなぁ(苦笑)以下ネタバレあり。
2005/09/13(火) 13:55:49 * Kyan's BLOG II
正直言って、あのオープニング形式にはまだ慣れません(笑)■父さん@京ちゃんの場合炎の中で戦う男ってことだったんですね。そういえば「火消し屋~」もよかったっけ。>番組違う。■烈火をぶんなげる明日夢くん今日のオレは強いはずが苦戦する響鬼さんをサポートする明日
2005/09/13(火) 14:47:23 * 日曜8時の男に逢いたくて
前回の自分のエントリを見返して、あまりのグダグダした文章に嫌気が差しました…。あぁ…(汗)。自分から「第二部開始」と書いてるんだから、なるべく以前と比較などしないように
2005/09/13(火) 14:50:28 *  ふもふも天国ふろく
 内容のレビューに入る前に、まず自分の立ち位置から明らかにしておきましょう。私としては、「引き続き響鬼を面白く観ていきたい」と思っています。これは「つまらないものをあえて面白いと思いこむようにする」ということではありません。また、「制作サイドの色々を斟酌
2005/09/13(火) 18:36:08 * Old Dancer's BLOG
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー響鬼』三十一之巻、「超える父」の感想です~。本日の感想は三十之巻合わせての総合評価やと思ってくださいまし。
あー!もー!楽人くん、可愛いわー!ホント可愛いわー。でも、今回は気の毒でしたね。まさか、ヒビキさんが「あんな酷いこと」を口にするなんて。きっと、ヒビキさんはナメック星で、ギニュー隊長に身体を乗っ取られたに違いない。「痛み」を誰よりも...
やっぱり最近のタイトルは解らない。超える父?父が超えるのか?と、どうでもいい疑問を感じながら見た。明日夢ママが過去最高の見せ場を展開した安達親子ドラマ。ママだけでなく
色々と物議を醸し出した物語の後編。2話1組で展開するため、今回は諦めていたが、違和感のある物語が展開する。いきなり前回の復習と思いきや、その中でも物語が展開する。(ということで、一応今回も始めるが、以前のように気が乗らない...)カシャが現れた夜の町には威吹鬼と
2005/09/14(水) 14:31:45 * MEICHIKU なんでもぶろぐ
最近、突然の路線変更なんてすぐにやめるべきだ!また路線変更をした脚本は清めの音に投げ込むものであると思っていて、「でもザンキさんの提供読みはよかったっス」by轟鬼だった全国の響鬼ファンの皆様さっそく感想・・・待ってたぜ!草加カイザのポスターを発見→こちら.
2005/09/14(水) 17:50:03 * CODY スピリッツ!
ドンッ!「告」part2申し訳ありません。個人的事情により完全版を書くことが出来なくなりました。テイストとしてはマックスのレビューと同じ感じでお届けする形となります。何卒今後ともご贔屓の程・・・。m(_ _)mそういうことか、狂介の言葉・・・。火の中に....
2005/09/14(水) 22:26:19 * nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
『仮面ライダー響鬼』三十一之巻 「超える父」。肝心の明日夢の父はぼんやりとしか出てこないが、母さんは美味しいところを持ってった感じ。前回のvs火車戦の続きは、明日夢の戦闘参加?(バトルの最中、落とした音撃棒を響鬼に投げる)という見せ場はあったものの相手に逃...
2005/09/15(木) 13:55:59 * 厄年ぶろぐ
 自分なりに気持ちが割り切れた思うので、遅くなりましたが、日曜日放映の三十一之巻 「超える父」の感想を。以前書いたよう な事情により、第二十九の巻は高寺響鬼の最終回。白倉&井上響鬼となっての第2話が「超える父」。別作品として楽しむ以外道はない。 桐谷京介は
前回の騒ぎにより、否が応でも注目される今回ですが、みなさんの評価はどうでしょうか?個人的には、やっぱり悪くないなと感じました。おおむね、いいんじゃないでしょうか。「おおむね」と書いたのは、やはりそれなりの粗はあるからですねwまぁ、それはおいおい話すとして
2005/09/17(土) 01:29:43 * gundollの考察
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。