ゆるいオタクの管理人が 見たもの聞いたものあれこれをゆるゆると綴ります。 只今特撮系に偏り気味。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ウルトラマンマックス 11話「バラージの預言」
2005年09月13日 (火) 00:10 * 編集
シンプルなお話と迫力のミニチュア特撮&バトル。
マックスの方向性として、私的には一番"アリ"な感じかも。

とりあえずタイトルや登場するアイテムからして、初代マンの「バラージの青い石」のリメイクなのは明白ですが、昔のそれを憶えていないので、その辺どうかということでは言及する事は特にありませぬ(^^;

Kyanさんのとこで知りました、金子修介監督の日記
あの「G×G」はやはりまずいんですか!(笑)等など、色々と裏話ありです。

それはさて置き、若干未消化感はあるものの、教授の娘の感情の変化が無理なく表現されていてストーリーの流れも自然な感じでよかったかと。
ただ、ダッシュ隊員達の戯画化された描写は未だに馴染めない(^^;;
カイトとミズキのやりとりも取って付けたような感じで、キャラ描写が安定してないし。
調子っぱずれのエリーはかわいかったけど(元に戻ってちょっとにっこりしたのもツボ♪)

アントラーは重量感ある動きと造形で、マックスとガチンコな感じが素敵でした(^^)v
こういう感じで毎回見られるといいなぁ。まあ、毎週金子監督って訳にも(そして毎週都市破壊満載って訳にも・笑)行かないでしょうけどね。
スポンサーサイト

■ Comment
・こんにちは~
リンク&トラックバックありがとうございます(^^)
とてもテンポの良い良作だったと思います。
自分のところではけなしておきながら(苦笑)
子ども番組である程度にリアルに軍人さんを描くのも難しいものなのかもしれません。
そう考えると孤門氏のぼけっぷりも責められないかもしれません(誤爆)
2005/09/13(火) 14:00:31 * URL * Kyan #mQop/nM.[編集]
・ありがとうございますv
>Kyanさん
そう、テンポ感よかったですよねv
緩急あって、これぞ巨大ヒーロー物!なバトルもあり。
ダッシュの描写は、あとちょっとだけ緊張感があると随分違うような気がするんですけどね~

>そう考えると孤門氏のぼけっぷりも責められないかもしれません(誤爆)
あっっ、こんな所でそれを!(笑)
つい最近DVDでEps30の「えっ!」を見返してしまったところなのに(笑)
2005/09/13(火) 14:24:42 * URL * 仁里 #wRDQYeRs[編集]
・おひさしゅうございます
こんにちは。

今回、なんといいますか、味のある特撮っていう感じがしました。
特に、戦闘なんかはいつもと違っていて、なるほどこれが金子味かとw

>ダッシュ隊員達の戯画化された描写は未だに馴染めない(^^;;
え~、私も…。
自分のブログでも書いているのですが、どうもナイトレイダーを引きずってます^^;
リハビリ必要だなァと。

ではでは~。
2005/09/17(土) 01:24:36 * URL * gundoll #JalddpaA[編集]
・どうもです(^^;
>gundollさん
レス遅くなりましたm(_ _)m

>どうもナイトレイダーを引きずってます^^;
うー、私もそれあるのかな~(苦笑)
NRとはいかなくても(というか無茶(^^;)、もうちょっと緊張感が欲しいんですよねえ。
先週のミズキ隊員なんか、テストとはいえ音楽聴いてる場合じゃないだろうと。
その辺がほんのちょっと引き締まるだけで、全然違うと思うんですけどね。
2005/09/24(土) 09:39:26 * URL * 仁里 #wRDQYeRs[編集]
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
エレキング、ピグモン、レッドキングに続いての登場となった過去シリーズの人気怪獣・アントラー。「ウルトラマン」でアントラーが登場した「バラージの青い石」(7話)の評価は高いが、それに比べるとアントラーはマイナーという印象が拭いきれない怪獣でもある。アントラーの
2005/09/14(水) 14:32:31 * MEICHIKU なんでもぶろぐ
「これがゴジラvsガメラか・・・」_| ̄|○まぁ、「嘘」ではないけど・・・。ちょっと800投稿目とかけてみたくなった、そんなウルトラマンマックス第11回。
2005/09/14(水) 22:29:49 * nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
今回は、過去作品に出てきたことのある、アントラーの登場。そして、監督・特技監督は金子 修介氏。今回、一番印象に残っていることは、 特撮の雰囲気がなんだか懐かしいということ。あえて、古臭いと言わないのは、味があるからという感じでしょうか。建物の崩れ方とか、逃
2005/09/17(土) 01:19:11 * gundollの考察
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。